So-net無料ブログ作成

5月連休で使った草刈り機 [DIY]

5月連休に松本の実家の草刈りで酷使(笑)した草刈り機のパーツです。草は金属の刃ではなくナイロンコード、つまり釣り糸の太いようなもので切っていきます。上段の青い筒状のパーツはリールです。ここにコードが巻きつけてあります。これが高速で回転して(電動なのでモーターでまわします)、草を刈っていくわけです。

草刈り機自体は2年前の秋に買ったときと同じもの(マキタの電動)ですが、今回の新兵器は、知人の推奨で使い始めた、金属入りのナイロンコード。ナイロンコードなんですが、チタンとか、アルミとかの粉でしょうかね?が練りこんであって、耐久性が高い。実際、東京に戻ってから、ブロック塀にからみついたツタのような草を刈るときにはコンクリ塀にバシバシとコードを叩きつけながら刈りましたが、へたらない。ナイロンのみだったらま違いなくすぐに切れてますね。松本の実家でも、ササなどを刈るときにナイロンだけのコードは非力だったので、次回はこのチタン入りのコードを使って刈りまくりたいです。
kusakari_code500.jpg

nice!(7)  コメント(2)