So-net無料ブログ作成

クリスマスイブ(山下達郎) [音楽]

MELODIES

MELODIES

  • アーティスト: 山下達郎,RUSS TITELMAN,吉田美奈子
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1999/06/02
  • メディア: CD
 
 
 
 
 
1983年リリースのこのアルバム。私は大学2年の夏だったでしょうか。前半、高気圧ガールなどの夏を思わせる曲で始まりしめの10曲目、アルバムの最後は、クリスマス・イブで。当時から大変な話題になっていましたが、まさかこんなに息の長いロングセラーになるとは思いもしませんでした。 当時はたしかまだLPレコードの時代で、知人にカセットテープにダビングしてもらって、聴いていました。帰省するときにもポータブルのカセットプレーヤでこのアルバムを聴きながら、各駅停車を乗り継いで旅をした思い出があります。道中、カセットが何往復したでしょうか。レコードのA面とB面にあわせて、45分テープで録音していた記憶があります。B面の一曲めのメリーゴーラウンドも良い曲ですね。 
 
そんなわけでこのアルバムは今もウオークマンの中に入っており、お気に入りの一枚。知人には季節感がないといわれますが、年中聞いています。きょう放送の FM東京の山下さんの番組でも、クリスマスイブの英語バージョンが流れました。
ラジオからこの曲が流れると、そろそろ年越しの準備をせねばなぁと思います・・まだ年賀状の準備もまだですし、大掃除もね。

プリメインアンプを修理に出す/カシオペア Mint Jams [音楽]

 なんだか過密なスケジュールで、どうにかこうにかやりくりしております。おかげさまで、無謀ともいえるフルマラソン(第11回戸田・彩湖フルマラソン&ウルトラマラソン、私はフルにエントリー)へのチャレンジはどうにか完走でしめくくれました。詳細は別途記すとして(まだ3月の立川もまとめてないんですよね・・)。フルマラソン、くたくたになって帰宅したところに、急ぎの金融機関関係の書類が速達で届いています。月曜に受け渡しする約束になっていましたが、早いに越したことはない。土曜(銀行の窓口は閉まっている)ではありましたが、たまたまイベントがあって銀行の担当窓口が開いていると聞いていたので、電話してみると、今から17時までに持ってきてもらえないかと。あと1時間しかないじゃん。ストレッチをしたかったけど、シャワーで汗だけ流して着替えて、電車で所沢へ書類を持参、その件は土曜中に一件落着。

 そんなこんなで、試合後のストレッチは夕食、入浴の後にじっくり・・・というより、ストレッチの最中に眠くなってしまって22時ころ就寝。今朝は5時に起床し、調子の悪い自宅ステレオのプリメインアンプ(Denon PM-390Ⅲ)を修理に出そうと思って、コード類を外す。そのままだと居間のステレオで聞いていた音楽やらFMやらAMのラジオが聞けなくなる。そこで、金沢(今は大阪らしい)へ赴任した拙息が使っていたミニコン(Denon D-C7USB)のレシーバー部分を外して持ってきて、入れ替えてみた。ソニー・ウオークマンNW-S756のヘッドフォン出力をレシーバーのPortable inにステレオミニコードで接続し、カシオペア(日本のフュージョンバンド)の、Mint JamsというLPのドミノラインという曲を聴きながら、この記事を書いています。 LPレコードは相当数、処分してしまっていますが、カシオペアのこのMint Jamsはまだ手元にあります。ただ、レコードプレーヤーがない(処分された・・・悔しいけど)。このウオークマンに入っている曲は、1980年代にLPからダビングしたカセットテープをソニーのICレコーダを使ってMP3にエンコードしたものです。

 カシオペアのMint Jamsに話を戻します。前にも書いたかもしれないですが、私が学生時代の知人I君のアパートに遊びに行くと、このMint Jamsをプレーヤーでかけて、冬ならばコタツにもぐって缶ビールでもを飲みながら、いろいろなことを語り合っておりました。カシオペアは彼に知り合う前からファンだったのですが、Mint Jamsは聴いたことがなく、それがカシオペアのアルファレコード時代の代表作の一つだというのは後から知りました。 カシオペアでも、Take meという曲が私は特に好きで、いろんなCDやアルバムのバージョンを聴きましたが、Mint JamsのTake meがわたしにとっては一番良いです。カシオペアの当時のドラムス担当は神保彰さん(現在も活動中のカシオペア3'rdのドラムスも彼です)。
 神保さんいわく、「才能というより、ドラムが好きで、楽しくてしょうがありませんでした。授業はきちんと出席していましたが、それ以外の時間は、三田の裏門の横にあった部室でずっと練習をしていました。今でもドラムの練習が苦痛だとはまったく思っていませんし、努力をしているという意識もありません」(塾 269号 2011年 慶應義塾 p16)  ここでいう、「(慶應義塾)三田(キャンパス)の裏門の横の部室」は、推測ですが、三田キャンパスの西校舎の近く、西門の近くにあったのでしょう。(もしかすると生協の売店の建物のあたりかな)

 I君は、神保さんとは学年が5つほど違うようですが、同じ慶應義塾の学生で、なんとかいう音楽サークルでドラムスを担当していました。あいにく彼の演奏を聴きに行く機会はなかったのですが、彼の部屋に行くと、彼は必ずといっていいほど、電話帳などを積み上げた擬似ドラムセットで、ドラムスの演奏の練習をしていました。私は当時はそんなことは全然意識もしませんでした(注)し、当然、本人にも聞きもせず、彼も語りもしなかったですが、今にして思えば、I君は同じキャンパスに通っていた先輩で世界的に活躍しているドラマー神保さんへの憧れがあったのでしょうか。

(注)私はどちらかというと、キーボードの向谷さんの演奏が好きで、当時はリズムセクション(神保彰さん、桜井哲夫さん、いずれも慶應LMS<ライト・ミュージック・ソサエティ>出身)はあまり意識したことがありませんでした。

Domino.jpg


夢の夜~ライヴ・イン・ニューヨーク [音楽]

「お前、ヘレン・メリルが好きだったよな」といって知人がこんなCDを貸してくれました。八代亜紀さんが、バードランド(ニューヨークのジャズクラブ)で2013年3月に収録したライブの様子。「50年来の夢がかなった」とありますが、たとえば、八代さんが、東京のコットンクラブとか、ピットイン、ビルボードライブ、NARUなどのクラブで歌っているようなもの(うまく表現できないんですが・・)かと思って聴いてみた。

いいじゃないですか。八代さんの代表的な楽曲、雨の慕情とか舟歌が、ジャズ・アレンジの演奏といつもの八代さんのヴォーカルで、一夜限りのセッション。
ヘレン・メリルとの共演もあります。
私、ジャズクラブは行ったことがない(渡辺貞夫さんのライブは行ったことがありますが)のです。
バードランドは敷居が高いけど、ブルーノート東京くらいだったらちょっと背伸びして行けなくもないか(笑)

夢の夜~ライヴ・イン・ニューヨーク

夢の夜~ライヴ・イン・ニューヨーク

  • アーティスト: クラレンス・ペン,レジーナ・カーター,ピーター・ワシントン,テッド・ローゼンタール,ピーター・バーンスタイン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2013/08/21
  • メディア: CD


よれよれな「未来予想図Ⅱ」 [音楽]

お暑うございます。関東地方は梅雨が明けていたんですね。道理で暑いわけです。
昼はムンタージにカレーを食べに行きました。暑いときにはカレーでしょう。

ところで、(ん?唐突な)
未来予想図Ⅱ。まずはコード進行。
Bフラット、とAのコードの押さえ方をおさらいします (笑)

miraiyosozu.jpg

指がうまく動かなくて、乗り物酔いしそうな「未来予想図Ⅱ(吉田美和 曲)」になってしまいました・・
最初はこんなもんですか? それにしてもひどい(笑) 
音源: ポータブルキーボード ヤマハ ポータトーン PSR330 



もっと練習しなきゃね。


未来予想図Ⅱ [音楽]

先週の仕事帰り。都庁前で下車します。

新宿モノリスビルの楽器店に行き楽譜を購入。

Gakkiyasan.jpg

音楽とは関係ないですけど、帰り道に見た、西口のエルタワーの隣、モード学園コクーンタワー、工事中です。

cocoon.jpg


買ったのはこの楽譜。
「やさしく弾ける -大人のための- ニューミュージックコレクション
ヤマハミュージックメディア ¥1300 
Gakuhu.jpg


楽譜を買っても、強制力がないので・・練習が進みません。




ほんとうは教室に通うのがいいんですが、なかなか余裕が・・。
そんなわけで、この中の一曲、通しで弾けるようになれば、しめたもの、といったところです。
「未来予想図 : Dreams Come True」を弾いてみたい。

でもドリカムは、コード進行など、やたら凝っていて難しい・・
 と、知人(エレクトーンの名手)が言っていたのを思い出しました。


こうなりゃ、イントロの難しい部分はとりあえず省いて、いきなり歌の部分から弾いてみましょう・・^^;

 


ラ・フォル・ジュルネ・ オ・ ジャポン [音楽]

連休後半、初日のミッション(?)
どしゃ降りの雨の中、「有楽町へ急げ!」
(笑)

forum2.jpg



目指すは、東京国際フォーラム、ホールA。

forum3.jpg



いくらなんでもブレ過ぎ・・笑

forum.jpg



ホールAはまだか・・笑

forum4.jpg



やっとつきました。

forum5.jpg



開演ぎりぎりでした・・ 
出演者: レネゲイズ・スチール・バンド・オーケストラ (トリニダード ドバゴ)
Renegades Steel Band Orchestra

曲目: シューベルト :
3つの軍隊行進曲 D733 
「アヴェ マリア」 (エレンの歌 第3) 作品52-6D839 ほか

forum6.jpg

シューベルトが、コンバースのバスケットシューズを履いているのがユーモラスです。

遠目で見た楽団員の人もバッシューで演奏していました。

forum7.jpg


ロック姉ちゃんといえば・・ [音楽]

プリンセスプリンセスに決まってんだよ! 

続きを読む


音楽(Ⅰ) あなたにとっての、マイ・レヴォリューション・・? [音楽]

ここんとこ、CDだの本だの雑誌だの・・をやたらと買い込んで・・
開封してないのさえある。ひどいね・・

続きを読む


音楽Ⅰ・・・ [音楽]

12/16(土)、 音楽についてのダラダラとした文を書こうと思っています。
>本文はDIONブログに・・
http://blogs.dion.ne.jp/working_roady/

「松本の街? 観光地としてはどうよ?
周り(美ヶ原、乗鞍、上高地、安曇野・・)はいいけど、松本の街はねぇ・・・」
なんて声も聴くんですけど
(皆様のご判断にお任せしたいと・・)
私自身は松本の街は大好きですよ!

私の場合は、自分はご覧の?、ご存知の?通り、タダのオッサンなんですが、趣味も仕事も、私の日常生活は、すべて周囲の皆様にお引き立て頂いて、なんとかやりくりできております・・・
これは昔も今も変わりません。