So-net無料ブログ作成
情報処理 ブログトップ
前の10件 | -

Jimdo(ジンドゥー)を使ってみよう [情報処理]

Jimdo(ジンドゥー)とは、ドイツで開発された無料オンラインホームページ開発ツールで、株式会社KDDIウエブコミュニケーションズが2009年より日本語サービスを提供しています。(㈱コードネーム Jimdoを使ってホームページを作ろう 2010年 中央経済社 表紙裏の説明文より)


実は昨年春くらいから、個人で利用しているインターネット接続サービス(au one net)のホームページ公開代理サービスが終了するというお知らせが繰り返し郵送されてきていました。そして同社のグループ企業である、KDDIウエブコミュニケーションズ社が提供するサービスであるJimdo(ジンドゥー)を使うか、自分でほかのサービスを探すか、いずれにしてもサービス終了の昨年10月末までに自分でなんとかしてねというはがきが来ていました。

急にそんなこと言われてもねぇ・・。経営方針なんだから仕方ないんでしょうが・・長年使って慣れ親しんできたオーサリングツール(ホームページを作成するための道具、CMSともいいますね)はJimdoでは使えない。
それは面倒ですよ。私の場合は、コンテンツ(ウエブサイトの中身)といったって、せいぜい、趣味の山の記録とか、サイクリングやらランニングの記録ですが、それでも、すべてのページを、新しいツール{Jimdo(ジンドゥー)}を使って移行させる、しかも期限である10月末まで、(たしかその時点で残り数ヶ月)。毎日在宅でやることがなければ十分できるでしょうが、組織にフルタイム勤務して情シスの仕事をもちつつ、さらに週末は、パソコンとにらめっこばかりしているわけにもいかない。ランニングもしなければならない(笑)。それは冗談としても、家の中の片付けとか、オフにはオフででやるべきことが山ほどありますから、そんな短期間で移行が完了できるわけがない。
他社の同様のサービス(CMSが利用可能)も探しました。それなら、既存コンテンツをまるっと移行できて、楽です。しかし月額数百円とはいえ、追加の費用を払うのもばかばかしい。結局、長年使っているソネットのUpage+(10MBまでなら追加料金なし)に各ページのコンテンツを手作業で移行させ、とりあえずは移行期限の昨年10月末を迎えました。

で、そこまでは良いんですが、ソネットのUpage+は、私のプランだと使えるディスク領域が10MB(メガバイト)です。10GB(ギガバイト)ではありません。元々のDion(au one netの前の名称)当時の契約はもっとゆるかったはず(たしか20MB)。ですので Dionホームページ公開代理サービス → ソネットのUpage+ に移行する際に、ページそのものは残すとして、ページに含まれる画像を削ったり、画像をリサイズしたりと、かなり手間がかかった。いずれにしても、とりあえず元の住まいから荷物をかなり処分して、新居(または仮住まい?)に越した状態です。前よりもかなり手狭になった仮の住まいに、あたらしいコンテンツをどんどんつっこむわけにはいきません。

他方、どこそこの山に行った、どこそこのレースで走ったという記録のページは増える一方。どうすればいいか。そこで、Jimdo(ジンドゥー)を使ってみるかということになったわけです。

とは申せ、使い方がよくわからん。図書館で、使い方の本を借りてきて、みようみまねでやってみようと思ったのが先月。すでに一ヶ月たってますが何も手をつけられてない。(アカウント作成と、テストページは昨年7月くらいに作りましたが、そのまま放置すること数ヶ月といった状況)ですので正月休みの時間のあるときにすこしやってみようかと思っているところです。


jimdo.jpg


nice!(9)  コメント(0) 

Oracle [情報処理]

Oracle、英和辞典で引くと名詞で御託宣とかいう意味が出てきたりしますが、ここではそれではなくデータベース・ERP、CRMなどパッケージソフトウエア、クラウド関連などで有名な北米ベースのIT系企業の方をさしています。

 たまたま昨日、仕事で使うライセンスを買うための手続きで、10年ぶりくらいに同社のサイトにアクセスしてみた。2000年頃に登録したプロファイルが残っているはずと考えたのです。
 しかし当時のIDでパスワードリセットをかけてもなしのつぶて。頭にきて米国のカスタマーサポートに(日本は夜10時を過ぎてましたから)かけました。ログインできないんだけど、どうにかしてくれないかと。
1-800で始まる向こうのフリーダイヤルですが、フツーに国際通話料はかかります。結局サービス時間外だったのか、さんざんノウガキを聞かされて勝手に3分くらいで電話は切られました。


まあそれはどうでも良いんだけど、ユーザー登録しないとライセンスが、買えない。それは困る。


まあマイクロソフトだって企業向けのボリュームライセンスはユーザープロファイルと紐付きますから理屈は一緒だが、使いやすさが違う。マイクロソフトのライセンス買うのにこんなに苦労した記憶はありません。

書きたいことは多々あるが、とにかくこれはないんじゃない?

週開け、連絡取ったことのあるオラクルの営業に連絡するかな。

nice!(7)  コメント(0) 

NetApp Innovation 2018 [情報処理]

NetApp Innovation 2018、ネットアップ社主催のイベントです。ネットアップは米国の有力ストレージベンダーです。ストレージというとEMCや、HPEのMSAやNimbleとかいろいろありますが、ネットアップは独自のストレージOS(Data OnTap)をもち、SnapShot/Snap Mirrorといったデータ保護機能、またCommon Internet File System(CIFS)を標準機能で持っているのでウインドウズOSがなくてもファイルサーバがたてられたりと、盛りだくさんの機能をもっています。価格も高いが、品質も高いし信頼性も高いという印象です。

ネットアップの管理設定作業は、GUIの管理画面で出来ることは限られており、高度な機能はLinuxのコマンドラインベースで管理すると聴きました。そのため、初期設定にしても、エラー発生時のログ収集にしても、Telnetでコントローラに接続してコマンドをたたいたりしなければならず(注)、扱うのも正直大変(半年使ってみた実感です)ですけど、ハードウエア機能を使ったバックアップの高速処理と便利さを知ってしまうとなかなか手放せなくなるのでは・・というのが使ってみた実感です。


2017年は2月に同じ名前のイベントで2017というのにも参加しました。NetApp Innovation 2018は11月30日木曜の開催。基調講演で日本法人社長の岩上さんいわく、IT業界の進化は早いので一年に一回では間に合わないとおっしゃっていました。

 今年の2018のほうはモーニングセッションと基調講演に参加。いつものように最前列に着席し、英語のゲストスピーカーの講演も通訳レシーバーナシで聞きます。英語がわかるわからないとかではないのです。通訳レシーバーに頼っていたら、レシーバーナシで生きていけなくなってしまいます。
私のような凡人には、必要なときに通訳をいつも付随させるほどの金銭的余裕はありませんから、ロシア語とか韓国語、中国語だと困るけど、少なくとも英語の会議だったら、セッションに参加して聴いたり、自分の意見を述べたりくらいは自分でなんとかするしかないのです。それだけのことです。昨年から外資系企業でなく、日本の組織にお世話になっていますから、普通に仕事をしているだけだと英語を使う機会はさほどない。ですから、こうしたセッションに参加して英語を聴いたりしゃべったりする機会を無理やりでもつくらないと、言葉の運用能力なんてものは、すぐになまってしまいます。

さて、今年は、クラウドとオンプレ(自社管理のデータセンターなどに設置したシステム)の連携がキーワードになっているのか、先日のvForumでも、VMwareがAWS(Amazon Web Sevices)上で動くようになるいう件が話題になっていました。この基調講演でも、NetAppのOnTap(だったかな)がマイクロソフトのAzureと連携できる様子をデモで見ました。

(注)ウインドウズ系OSが浸透した今、サーバ上の設定もたいがいのことはGUIでできるように思います。とはいえウインドウズでもちょっと高度なことをしようとするとPowerShellなどをつかってコマンドをたたかないといけないですから、NetAppだけが難しいというわけでもないのかな。

NetAppInov.jpg


nice!(9)  コメント(0) 

ネットアップ社のセミナー [情報処理]

ネットアップ社のセミナー、NetApp Inovation 2017東京に参加してきました。ネットアップは、ストレージのメーカー。
私は、もともとストレージを製造する会社にも勤めていたことがありますので、いまさらですが、この業界ってどうなのという興味もありました。
ITの世界なので、とにかくどんどん変わっていきます。そういう意味でも情報収集は大事ですね。
目的:
1. 基調講演を聞く。英語の練習を兼ねて。オラクルでもVMウエアでも、アメリカのIT企業のセミナーは親会社から役員級の人が来日して基調講演を行います。セッションの最初にぶちかますわけですから、それなりに面白い。同時通訳レシーバーも貸してくれますが、あえてそれなしで聞く。

2. 製品の情報収集。メーカーの人を捕まえて聞くのが一番効果的。ハンズオンがあればチャレンジする。触って覚えるのが一番。

そんなわけで、それなりの収穫があったセミナーでした。

NetApp.jpg


Oracle Cloud days [情報処理]

恵比寿で、日本オラクルのイベント(クラウド・ディズ 東京)に参加。

時節柄、インターネットや、クラウドへの対応が重要というのはよくわかるのだけれど、正直、変わりすぎてよくわかりません(苦笑)。ついていけないユーザはどうしたらよいのでしょう(笑)。インターネット対応は20年前からの課題で、別に目新しいことはないでしょうしね。 

Oracleは、競合と思われる、他社、たとえば、Sales Forceにも、Amazonにも、Microsoftにも、SAPにもない、独自の強み、技術要素を持ち合わせているのですから、そんなに急激に舵取りしなくても競争に勝てるように思うんだけどなぁ。

 ora2.jpg


IIJ テクニカルウイーク2016 [情報処理]

IIJ テクニカルウイーク2016に参加。 私は完全に誤解していたと思うのですが、IIJはたんなるインターネットサービスプロバイダではなくて、インターネットなどICT空間のセキュリティサービスを提供するプロ集団という印象です。今日の講演をふたこまほど聞きましたけれど、良い仕事をされています。これからセキュリティ関連対策を考えるときにはIIJに相談してみようかなと思ったくらいです。

IBM Connect Japan 2016(2) [情報処理]

前の記事でお伝えしたIBMコネクトジャパン。午前中のセッション(ふたコマ)の中で記憶に残っているメッセージは、「働き方を変えないと対応できないですよ、そのためにはうまくITを活用しないと・・。」ということ。システム管理者はシステムだけ見てればいいのではありません。社会の変容にも目配りをして、人事・総務やマーケティングといった部門と共同して社内の変革のドライバー(もしくはトリガー)にならないといけないのだと強く感じました。
写真は、同セミナーの会場のソラシティです。
Soracity.jpg


IBM Connect Japan 2016 [情報処理]

7月27日、御茶ノ水で開催されたIBM Connect Japan 2016に参加してきました。

IBM.jpg


IBM Connect Japan 2016 [情報処理]

御茶ノ水で開催された、IBMのイベント(IBM Connect Japan 2016)に参加してきました。同社が推進するコグニティブ・コンピューティングに興味があったからです。詳細はのちほどお知らせしたいと思います。

 


社会科学系の数理入門 [情報処理]

社会科学系の数理入門

社会科学系の数理入門

  • 作者: 若尾 良男
  • 出版社/メーカー: ムイスリ出版
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本

    こんな本を引っ張り出してきました。

前の10件 | - 情報処理 ブログトップ