So-net無料ブログ作成
検索選択
ラジオ ブログトップ

ソニー ウォークマン Fシリーズ F806 [ラジオ]

Fシリーズ、こんな感じです。メーカ公表の仕様によるとOSはアンドロイド4.0。液晶は3.5インチのTFTカラーでタッチパネル、解像度はWVGA(800x480ドット)。
2013年頃購入して、しばらくお蔵入りしていたのですが、当時は、ポッドキャストのPCからの転送ができなかった(はず)。管理ソフトの「Xアプリ」が、Fシリーズへのポッドキャスト転送に対応していなかったのです。むろん、アンドロイドですから、ポッドキャストアプリを導入して、WIFIでつないでつどダウンロードして聞けば聴けなくはないが面倒でした。当時も今も、ポッドキャストで英語ニュースを聴くのが、用途の半分くらいを占めていますので、これでは使えないわいということでお蔵入りして、昔から使っていたSシリーズに逆戻りしてしまった次第です。
それが、PC上の管理ツールを新しいもの(ソニーのMedia Go)に変えたところ、ポッドキャスト転送にも対応するようになり、しかも、液晶は3.5インチありますから(その分電池も食いますが)、Sシリーズでは厳しかった、TV録画のウオークマン上での視聴もどうにかこなせるレベルになりました。内蔵電池が経年劣化していましたが、幸い、延長保証に入っていたため、春先に新品に交換してもらうことができ、購入3年めにしてようやく日の目を見ることになったしだいです。

F806.jpg


ウォークマンFシリーズ [ラジオ]

厳密に言うとラジオという分類は違うのですが、私にとって通勤ラジオみたいなものということでご容赦下さい。
ウォークマンはSシリーズを愛用しており、きまぐれでFシリーズを買ったもののお蔵入りしていました。使ってみればそれなりにいい。特に地デジ録画のお出かけ転送は秀逸。これのおかげでためまくった真田丸がだいぶ片付きました。

トマトの缶詰 古いラジオ [ラジオ]

仕事もおかげさまでようやく峠をこえたようです。
さてそうなると、勉強を前の状態に戻さなければなりません。
いったんペースがみだれると元に戻すのはなかなか大変です。
戻しやすいところから戻していきましょう。
8月のレポートの締め切りに向けテキストの読み込みを再開しようと思います。

カルディコーヒーファームでトマトの缶詰を買ってきた。一個108円。スパゲティや、スープ作りに便利です。
Caldi.jpg

OLI技研さん にお願いしていた古いラジオのレストアがあがってきました。
オークション達人の知人に頼んで入手したナショナルRF2600。
実用品というよりは、置物として手元におきたいと思っていました。

もう三十年も前のもので、音が出るだけでも奇跡ともいえます。
周波数ずれ、スイッチの固着、ランプ切れなどが直り、アクリルなども研磨されて戻ってきました。
部品の劣化からくる感度の低下はいかんともしがたいですが、もともとインテリア用途ですから気になりません。
緑色の周波数ディスプレイが魅力的です。
このラジオが発売されたのは1978年、私が15歳のころ。たしか高校受験のころ「短波」という雑誌にこのラジオの広告が出ていたのを思い出します。
そして月日は流れ、ラジオも私も年をとった(笑)し、昔のように根つめて受信の難しい局の受信をやる気にはなりません(大体今はそんな時間もありません)が、気分転換にちょっと英語放送や日本語放送を聴くには十分です。
自宅にもう一台ある、ソニーのICF-SW40(PLLシンセサイザ短波ラジオ)に比べると非常に雑音が少ない。
音も非常に良い。
ラジオとラジカセのつれづれなる話、K.Kanekoさん
によれば、この機種は史上最強のホームラジオなのだそうです。

RF2600_2.jpg
このラジオで受信したアメリカの声(VOA)
音が優しい感じがします。


しばらく、勉強の合間の気晴らしに活躍してくれそうです。


KBS 勝手に 真剣に コリア ファイル  [ラジオ]

今日は夏日、自転車もだんだん暑さとのたたかいになってきました。走った後は濡れ手ぬぐいで汗だくの身体を拭いています。
今年は事務所の引越しがあります。引越し先にシャワーがあるといいんだけどなぁ・・(そんなの無理か)
明日あさっては雨のようです。

勉強がはかどらない。よくよく読むと理解してないことが判明したので、わかるところまで戻ってやり直すことにした。

そんなとき、私の気分転換はアジア諸国からの日本語放送を聴くこと。

東西冷戦も終わり、国際放送の現場も昔のような東西プロパガンダ合戦は一部を除いて、なりを潜めていますし、中国の放送なども、昔に比べたら驚くほどソフト路線になってびっくり。CRI(中国国際放送)の英語番組を聴いていると、これはAFN(米軍放送)かと思うくらいです。

そんな中でも、お隣の国、韓国の国際放送、KBSワールドラジオは、リラックスして聴けます。
帰宅してからビール片手にぼーっとしながらKBS日本語放送を聴くことが多い。
先日、受信報告を出しましたから、そのうち受信確認も送られてくるでしょう。

下の写真は休みの日の昼間の放送、日本時間 11:00AMから12:00 11810KHz

平日は21:00からの時間帯 1170KHzを聴くことが多い。

22時からの9.735MHzのRTI台湾中央放送の日本語放送、1140KhzのCRI(北京)日本語放送も内蔵アンテナのみで良好に受信できています。

KBSの番組で「7080世代」というのをやっていた。
70年-80年代に青春時代をすごした30-40年代のことをさすらしい。
かくいう私もナナマルハチマル世代です。

そんなアジアの放送には各国それぞれの魅力があります。
いろいろ聞き比べも楽しいですよ。
居ながらにしてアジア周遊の旅気分を味わっております。

KBS.jpg


病こうこうに入る [ラジオ]

今日は一時的に冬型の気圧配置。北風が強めに吹いていました。

スマップのくさなぎさんが逮捕されたニュース一色、騒ぎすぎだ。
酔っ払いが裸でさわいだから何なの、と思う私はおかしいのか。

え、雑音の多い放送を聴くのが趣味?違いますよ。
たまたま状態がよくないだけなんだけど、家族に最近疎まれている私です。

そりゃそうだ、くつろぎの茶の間で、ガーガーと雑音を鳴らしたらそりゃひんしゅくでしょう。
でも鉄筋から木造に越して何がいいって、中波のラジオが室内で聞けること。ひまさえあればラジオです。

そんな中、信越放送が聞こえました。
中波の1098KHzには ほかに福島放送、宮崎放送も同じ出力(5Kw)、ほか多数の民放ラジオ局がひしめいており、夜間は私の環境(東京郊外)では激しい混信です。

昔、高校生のころ、埼玉県南部でナショナルRF2200(クーガ)を使って受信を試みましたが一度もSBCが聞こえたことはありませんでした。
(そもそも1098KHzにあわせるのが大変、アナログのチューニングですから)
ラジオじたいの受信性能はナショナルRF2200のほうが今の私のラジオ(ソニーICF-SW40)より、よさそうだから、環境もあるんでしょうね。


それにしても、こんなのを聞いて喜んでるようでは重症ですな・・苦笑 
こづかいをためて、高いラジオや通信型受信機、アンテナなどを大人買い?してしまいそうで・・


ヴェトナムの声 [ラジオ]

昨日は風が強くて大変でしたが今日は穏やかでした。自転車にもいい季節になりました。
東京のサクラ前線は、満開宣言が出たようですね。
帰り道、文理台公園のそばを通ると、夜桜見物の人たちでいい感じににぎわっていました。

それにしても去年の今頃は大変だった。就職活動が終わったと思ったら、新しい仕事が始まり長時間通勤に慣れなくて、くたくたでした。
別に今年になって職場が近くなったわけでも何でもないのだけれど。
それにしても、状況はダイナミックにドラスティックに変わり、顧客のニーズは刻々と変わっていく。手探りで問題解決を試行錯誤する日々です。
出来るかどうかわからないけどとにかくやるしかない。そんな仕事のやり方に慣れなくてはなりません。

新聞のコラム、「経済への視点」(毎日新聞 4月2日付け 17面)で中谷巌さんの「日本が生き残るために」というコラムを読みました。
知人の公認会計士に経済学の学び方を聞いたところ
「中谷巌のマクロ経済学を黙って三回読みなさい」
ということで、それくらい有名な方のようです。
もともと新自由主義を主張していた氏が、「資本主義はなぜ自壊したか」という本を書いて「転向」したというので、この分野では話題になっているようです。
駆け出しの経済学部生には意味がちっともわかりませんが、書評を見ると、散々競争社会を賛美していたのに、いまさら何を言うのだ・・という辛口のコメントが多かった。
試験が落ち着いたら私も読んでみたいです。

コラムでは日本はもともとほかに比類のないくらいの平等社会だったのが、ここにきて社会が分断されてしまっている。
社会の階層化を防げと主張しています。
今日の新聞記事で、インドで下層カーストの人が作った給食を食べるのを拒否している子供がいるというのがありました。こんな風では社会の活力はそがれるでしょう。
子供が少なくなって「大学全入時代」というけれど、難関校に入るのは今でも大変だし、子供の話を聞いていると、私の時代よりも今のほうがあからさまに所得格差が、教育格差につながっているのを感じます。

脈絡がありませんが、気分転換にラジオを聴きます。
先週末、昔のラジオのオークションを見ていたら、夜中の三時になってしまい、次の日が起きれなくて大変でした。
結局、そのラジオは3万円近い価格で落札されていた。いくらあこがれの機種でも高すぎるよなぁ。
いつ壊れるかわからないのに。
私はお金をためて最新機種を買うことにします。

というわけで、ヴェトナムの声、日本語放送。 
9840KHz 日本時間の23:00-23:30 この日はSINPO 35233
今日は 33332 
昔に比べてノイズが多いような気が。
昔は短波帯でダイアルを回していくと放送と放送の間に無音の状態がありましたが、今は局と局の間にずっとノイズが流れてます。
PLCモデム、無線LAN、携帯電話の普及などなどで放送受信の環境は厳しくなっているのでしょう。
きちんとアースを取ったり、アンテナの取り回しも考えたり、ノイズ対策をしっかりしなければ。

voiceof_vietnam.jpg



たどたどしい日本語が逆に魅力的?


アンティークのラジオ [ラジオ]

今日は春の空気、20度近かった。自転車のウエアは冬のタイツを脱ぎ捨て、夏ものに着替えた。

昔はよかった、なんていうつもりは毛頭ない、でもなぜかあの時代のラジオが気になって仕方がない。
オークションのアラートが入っていた。30年も前、私が高校生だった頃に売られていたナショナルの短波ラジオ。
ぼおっとしている間に落札されてしまったらしい。
「補修用性能部品」のメーカー在庫さえない骨董品のようなラジオが、なぜほしくなるのだろう。壊れたらそれでおしまい。


電気製品なんて、新しいのが良いに決まっているんだけど、どうも最近のラジオには食指が動かない。
(クルマもそうかな?)

たとえば ソニーのICF-SW7600GRは素晴らしい性能だ。
同期検波にPLLシンセサイザ、100メモリーチャンネル、盛りだくさんの機能が三万円で買える。
でもそれじゃなくて、古いのがほしくなるのはなぜだろう。

ラジオだって、性能だけじゃないのだろう。
五感に訴えるものがほしい。見てさわっていじって楽しいほうがいいんだろう。


radio.jpg

とりあえず手元にあるラジオで。ソニーのICF-SW40 で よる22時過ぎに 1044KHz 中国国際放送を聴いています。SINPO 44333
スピーカーが小さくて音がよくないので、ステレオにつないできいています。

そんなにたくさん売れるものではないのでしょうが、どこかのメーカーさん、限定復刻版で 作ってくれないですかね?  
ナショナルRF2600のような魅力的なラジオ。


いまどき ラジオ ですか? [ラジオ]

雨模様の土曜、ダラダラと寝坊・・。
ああ、しまった!やらなきゃいけないこと・・を忘れていた。。明日こそ片付けよう。

パソコンのマイピクチャのフォルダを整理していたら、先日、仕事後にふらっと横浜に行ったときに買った肉まんの写真が出てきました。
nikuman.jpg

ここで買いました。

横浜中華街の肉まん、餃子のお店『皇朝』(こうちょう)





KOcho.jpg


春先に、FMアンテナの支柱を利用して短波アンテナを取り付けました。
それっきり使っていなかった。

Ant2.jpg


ひさびさにラジオを聴いてみました。
ラジオはソニーのICF-SW40。音がよくないんだなぁ・・
聴き始めると、いいラジオがほしくなります。 
先入観を捨てて、いろんな国の放送を聴いてみると、面白いですよ。

KBS (ソウル)  1170KHz 21時から。


チョソンの声(ピョンヤン) 周波数不明。



今はパソコンでURLをクリックすれば目的の情報にたどり着ける時代です。
何をいまさらラジオ・・ と思われるかもしれません。

でも遠く離れた国から旅をしてきた電波を拾って、耳を傾ける。
これはこれで楽しいものです。 
お金をためて、良いラジオを買いたくなってきました。

神田と懐かしのラジオたち [ラジオ]


神田錦町。科学教材社。仕事のついでに立ち寄りました。
kanda.jpg



お目当ては子供向けのラジオキット。



radio.jpg


まだ着工?しておりませんが・・ こういう単純な構造ので基本をおさらいしてみようかと。


秋葉原に行ったら、こんな懐かしいラジオたちが・・



bcl.jpg




中学生のころ、新品を買うほどお金がなく・・

郵便配達や広告投げ込みのアルバイトをしてお金を貯め、左端のラジオ・・



ナショナルのRF2200 を中古で入手しました。たしか、雑誌「短波」か何かの「売ります買います欄」で、見て、

JR常磐線の北千住かどこかの駅で待ち合わせて、受け渡しをしました。

たしか一万円じゃなかったかな。

1万円は当時の私にとっては大金でしたから、どきどきしましたね。譲ってくださった方は非常に親切な方で、喫茶店でコーヒーをご馳走になりました。
品物も丁寧に使われていて、何のトラブルもありませんでした。

このラジオ、今は所在不明です(T_T) 



これで海外の放送をいろいろ聴いて楽しんでいました。日本語しか判らなかったので、日本語の短波放送を探してはあれこれ聴いて・・まあアンテナも大したものを使っていなかったので、せいぜい遠くてもBBCとかラジオ・オーストラリアとか、受信が容易な放送局ばかりでしたが、それでも、ラジオを通して異国の香りが伝わってくる、妙な高揚感がありました。 ラジオを通して、自分の世界が広がっていくかのような・・



BCL4.jpg

雑音の彼方からかすかに聞こえる外国の放送に心をときめかせていた頃。
AMバンド(中波)に切り替えると、

・・当時私は、埼玉県の東の方におりましたが・・九州から北海道までいろんな放送が聴けました。

夜の間は海を渡って韓国語、朝鮮語、中国語も入信しますが、言葉が判らない。(今でも判りませんが・・)



こういう面倒くさくて時間のかかる遊びは私好きなんですが・・笑



今こういうのって流行らないんでしょうね・・ 海外のラジオでもインターネットで聞けてしまうから?


ラジオの日々 [ラジオ]

夜更かしして起きれない。自転車やめて今日はラジオだ。(意味不明)
遠くの中波(AM)放送局受信は夜が常識だが、昼間どこまで出来るか様子を見よう。
ソニーICF(型番不明)君にニッカド電池をセットし、周波数一覧とノートを持って公園に。

続きを読む


ラジオ ブログトップ