So-net無料ブログ作成
検索選択
日々つれづれ ブログトップ
前の10件 | -

お見送り・・ [日々つれづれ]

三連休。お見送り、天気がよくてよかったです。雨だったり、寒かったり暑かったりでは大変ですから。

syukkan.jpg

3月の札幌 [日々つれづれ]

二年前の三月に仕事で札幌に行きました。札幌から始まって、仙台、名古屋、神戸と南下しながらシステム移行を行っていく旅。何度も書いたようにきつい仕事でした。今もそれなりにきついですが、やればやっただけの手ごたえがある点は二年前とは違うと思っています。
おそらく二年ぶりに早春の札幌に行くことになると思いますが、当時とは、意味合いも重みもぜんぜん違ったものになるでしょう。二年前は孤立無援、四面楚歌の状態。でも、幸い今は違います。
前職ではさまざまな制約があって実現できなかったことを実現させたい。当時超えられなかった限界を超えてもっとレベルの高い仕事がしたい。目標地点にたどり着くまで、さて、もうひとふんばりです。

春分の日の三連休 [日々つれづれ]

連休初日は出勤。二日目は葬儀。三日目は墓参り、石材店立ち寄り、親戚への挨拶と帰宅ということで三日間はそんなこんなで終わりました。
ランニングの道具も持っていたんだけど、走る気力がありませんでした。残念。

Sosai.jpg


連休二日日 [日々つれづれ]

ということで、三連休は、出勤、信州での法事、現地での所用と信州から戻りで終わりました。休んだ気がしないけどしょうがないです(笑)

で、法事の会場に向かう中央道の下り線。都県境の小仏トンネルあたりでの渋滞。わかりきってはいるけれど回避できるなら回避したい(笑)でもお葬式ではしょうがないですよね。幸い、往路は30分くらいで抜けられました。ちなみに帰りもこのあたりで渋滞にはまりました。もっとたちが悪くて1時間以上はまり、いったん一般道に下りて高速に乗りなおしたりしました。
このあたりは私にとってまさに鬼門かもですね(苦笑)

kobo500.jpg

三連休・・(2) [日々つれづれ]

連休初日は出勤、二日目は法事参列で帰省しています。明日はトンボ帰りでまた戻りの予定です。

三連休 [日々つれづれ]

春分の日の連休、行楽地に向かう高速道路の下り線は込んでいるんだろうなぁと思いながら、出勤。
連休中の追加の出勤は勘違いでしたが、葬儀参列は確定なので駆け足で帰省しないといけないことにはなりました。
仕事も立て込んでおりますが、重なるときはいろいろ重なりますね。

いろいろ・・ [日々つれづれ]

週末は休日出勤があったり、さらに追加で祭日の出勤要請があったり、その間に親戚の不幸があってお葬式に参列があったり、でも身体はひとつしかないのでどうにか調整するしかないんですが。

環境を変えていくこと [日々つれづれ]

一進一退。でも仕事関係は昨年来からずっと地ならしというか仕込んできたものが、おかげさまでだいぶ形になってきつつあります。
前職では自分が働いている職場の環境を見直すようなことをずっとやっていましたので、環境を良い方に変えることには私は抵抗がありません。また中途半端な妥協はしたくありません。
急激な変化は身体に毒でしょうといわれるのですが、私たちには時間がないと思っています(笑)。

私たちには遠くはるかな着地点がおぼろげながら見えています。そこを目指して一歩一歩歩みを進めるのみです。

明日世界が終わっても悔いがないようにとはいいませんが、時間という資源も有限ですから、私たちには無駄にする時間はないのでしょう。
むろん変更は良い方向に変えるものでなければなりません。改悪では意味がないですから。
新しい価値観・・・などと書くと、新興宗教か何かとまちがわれそうですが、いままでになかったような価値観を仕事を通してどんどん作り出して提供していくこと、それだけが私たちはホワイトカラーの生き延びる道だと思っています。

そういう意味で、私たちはいまの現状が快適であろうがなかろうが、その状況に安住することはできません。環境を変えるだけでなく、自分自身も仕事を通して成長していかないといけない。この道を選んだのはほかならぬ自分自身ですから。

一進一退・・・ [日々つれづれ]

三月も半ばですが、気温の低い状態が続いているような気がします。暖かくなったと思ったらまた冬に逆戻り・・。真冬の衣類がまだ手放せません。
仕事もプライベートもなんだかそんな感じです。確かに物事、計画通りにはいかないものですが・・。それでもどうにか着地させることができるのでしょうか。祈るしかないですね。

前の仕事と・・ [日々つれづれ]

さて、前職の仕事のことを記事にしました。前の仕事もそれなりに楽しかったのかな? いや冷静に考えてみましょう。たんに思い出を美化しているだけではないかという気がします。たしかに海外側と仕事の交渉をしたり、出張で全国各地の営業所を回ったりすることはできました。

でも言ってしまえばそれだけでしょう?方向性を決めたり、評価をして選定をしたり、企画したり・・ということは許されていませんでした。それらは海外側の仕事ですから。海外側で企画され決定された施策を黙々と実行する。それが仕事でした。海外側のやり方がまずいために失敗しても、批判を浴びるのは自分たち。うまくいってもほめられないが、失敗するとぼろくそに言われる。たまらんですね。

今はどうか。自分たちの進路は自分たちで決められる。失敗も成功もすべて自分たちが引き受ける。そんな今の仕事のほうが何百倍もいい。私はそう思います。
前の10件 | - 日々つれづれ ブログトップ