So-net無料ブログ作成

7月も終わり・・ [日々つれづれ]

月末ですね。7月も終わりですか。土曜は曇りだったのて、ひさびさに日陰の少ないコースを走っていたら途中から日差しが強くなり、木陰のコースに変更。湿度が高くてばてました。日曜は、家の周りの手入れなどがあったので練習はせず。7月も終わりで、8月、9月と夏の走りこみの時季です。暑さと折り合いをつけながら、身体を慣らしていきたいです。

寝坊 [日々つれづれ]

早起きしようと思ったのですが寝坊、これから近所を走ってきます。

時差通勤 [日々つれづれ]

ほぼ毎日早目に出社してはいますが、けさはさらに早起きして座席指定列車に乗ってみました。指定料金510円なり。その電車はデータセンターの最寄り駅に停車するのでした。けさはデータセンターに寄ってから出社です。

今朝も涼しい・・暑中お見舞い [日々つれづれ]

昨日は一日雨が降ったりやんだり、梅雨時のような天気でした。今朝も曇りがちの天気で涼しい朝となっています。少しほっとします。明日からはまた暑くなるようで。今年は立秋が8月7日ですか。ということは今は暑中お見舞いの時季ということですね。熱中症に気をつけて夏を乗り切らねば・・。

雨の朝・日銀の量的緩和 [日々つれづれ]

このところ最高気温30度を越える日が続いていたので、雨が降って気温が下がった朝はほっとします。昨日はかなりの降雨があったようで、あちこちで道路が冠水した後がありました。でも水源のほうはどうなんだろう。この夏の水不足が心配です。

月刊時論フォーラム・水野和夫さんのコラム(毎日新聞 2017年7月26日 朝刊 統合12版 13面)を読む。
「新古典派理論を核とした近代経済学も疑ってかからねばならない。現実に日銀は2%の消費者物価目標の達成時期を6回も先送りしている。量的緩和で物価が上がるという理論そのものがおかしい。」
私事ながら私も最近卒業した大学で、近代経済学を中心に学びました。以来、マクロ経済学の貨幣数量説ってどうなんだろうと感じてはいました。金融政策で景気がよくなるなら、とっくのとうによくなっているはず。なぜなら過去に既にこれらの政策は実施されてきたが、あまり効果がなかった。それを過去に例がないほどの量的緩和をしたところで結果は同じだと思います。日銀の量的緩和は期待した成果をおさめないままホコ先をおさめざるを得なくなるでしょう。むしろここまで広げすぎた大風呂敷の量的緩和からどうやって平常状態に戻していくのか、そちらのほうが重要な問題だと思っています。

焼けず、臭わず・・(2) [日々つれづれ]

焼けず、臭わず・・なんて書いていますが、無防備で走りに行って、顔が日焼けしてしみになってしまったり、走った後、汗でべたべたのウエアでうろうろしていたりします。とくに汗のにおいは気になります。また日陰を選んで走っているつもりでも、思いのほか紫外線を浴びているようです。
特集記事をよく読んで対策をしないと・・・。日焼けや体臭も気になりますが、疲れをためないように工夫して鍛えるというのもテーマです。蒸し暑い中で走ると、それだけでぐったり。頭をつかわないとです。

焼けず臭わず存分に走りこむ・・ [日々つれづれ]

ランニングマガジンクリール 2017年 08 月号 [雑誌]

ランニングマガジンクリール 2017年 08 月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 雑誌
ランニング雑誌の8月号は、「焼けず臭わず存分に走りこむ」、つまり日焼けせず、汗臭さをまきちらさず、夏の走り込みを成功させるという特集。思わず買いました。私は秋口のレースにあわせて走りこみをしようとしているのですが、特集を読むと、同様に7月、8月に基礎作りをしておかないと、涼しくなってからでは調整が間に合わないということを書いてありました。つまり、大暑で、1年中で一番暑い時季に、たくさん走らないといけないようです。その夏の走り込みをどうやって快適に行なうか。頭を使って賢く夏のトレーニングを成功させれば、秋のレースでは快走できると。。そんなにうまくいくかどうかはわかりませんが、今年はそんなわけで、ランニングの基礎固めの夏になりそうです。


ドボン [日々つれづれ]

昨日は近場の山で一汗かいて、その後駅前に戻り温泉[いい気分(温泉)]?でドボン 笑
この時季、山とか森とか、涼しいところで走り込みするのが良さそうです。

土曜日 [日々つれづれ]

しんどい1週間が終わり、やっと土曜日。早起きして出かけてきます。

飯田橋 [日々つれづれ]

飯田橋のデータセンターに行く。そういえば、2014年の夏にも同じように飯田橋のデータセンターを見学で訪れたことを思い出しました。やはり暑い日でした。なんだか同じようなころに同じような行動をしているものですね。そのときも同じような流れだったように記憶します。