So-net無料ブログ作成
検索選択

ディザスタリカバリーとBCP [日々つれづれ]

ネットワールド社のちらし(NetApp導入事例)を見る。エプソントヨコム社の事例が紹介されていました。「NetAppのレプリケーション機能が、東日本大震災から重要データを救った」とあります。NetAppは統合型ストレージ。震災発生後に福島事業所が避難指示区域に指定され、立ち入りができなくなった。そこであらかじめ稼動させておいた拠点間レプリケーションの機能を使って、東京本社に転送されたデータを使って3日後にバックアップ機で業務を再開したそうです。

BCP(事業継続計画)とかDR(災害からの復旧)の対策は、それ用の製品とかサービスを導入すれば終わりというものではなくて、何もない平和なときにいかに体制を整備しておけるかで決まるのですよね。こんなにお金をかけて対策しても無駄と思わずに、有事のことを考えて平時にどこまで準備しておけるかが、何かあったときの大きな違いにつながります。

さあどんなDR、BCP対策を考えましょうか。

とりあえず走りました・・ [日々つれづれ]

昨日は出勤、予定通り終わりましたので、今日は休みで、昼過ぎから軽く走りました。調子はいまひとつだったんですが、1.5時間ほど。暖かくなってきたせいか、公園でみかけるランナーの数が増えてきました。ウオーキングも多いですがランも多いですね。今日は東京マラソンか。私も申し込んだのですが抽選で外れました。今年も申し込みはすると思いますが倍率が10倍超えですから、めったにあたらないでしょう。
今年もフルマラソンに何試合か参加の予定です。いつの日かフルマラソンを歩かず完走したいものです。

来週はハーフマラソン [日々つれづれ]

来週末はハーフマラソンの試合。でも今週末は出勤なんですよね。
調子があまりよくなくて2月は思ったように走り込みが出来ていません。でも棄権するのもあれなので、とりあえず走るんだと思うんですけど・・。なんだかね(笑)今年はインフルエンザにもかかってないし、とくに不調の原因てないんだけど、何なんですかね?

松代 象山神社 [信州の景色]

さて昨年4月、白馬からの帰り道、Tomoさんにご案内いただき、松代の街を散策させていただきました。

象山神社。幕末の思想家・佐久間象山をまつった神社です。ちなみに「象山」はぞうざんと読みます。象山先生は長野県の県歌にも出てきます(笑)。私も小さいころ長野県におりましたから、県の歌はよく知っていますよ。
松代は象山先生といい、真田氏といい、大物を輩出する土地柄なんでしょうね。みどころ多数、ときまさに真田丸放映中で、平日なのに訪れる観光客も多数おりました。

Zozan.jpg

どこで見切りをつけるのか [日々つれづれ]

最後まで粘った?何を言っているんだ、粘りに粘って何も得られなかったんじゃないか。
人生あきらめが肝心。お前はあきらめが悪すぎる、と知人にいわれました。たしかにもう少し早く方向転換していれば、苦労しなくて済んだかも(笑)ね。
どこで見切りをつけるのか。難しい問題です。

いずれにしても、自分にしかできない仕事をして、自分にしかできない付加価値を生み出す。そんなことをめざして進んでいきたいです。

よくもまぁ・・ [日々つれづれ]

前の記事で二年前のブログへのリンクを張ってありました。帰宅の途中スマートフォンで記事の後の一か月分くらいの記事を読み返してみました。

自分でいうのも変ですが、よくもまあ、こんな状況でクサりもせず、逃げもせず、最後まで粘ったものだ、というのが率直な感想です。
最後のほうでは敵地で味方に見捨てられ、戦死寸前の兵士の心境でした。誰も緒戦であげた功績なんか覚えちゃいないのです。

「お国のため」に貢献したつもりでした。それなのに何でこんな仕打ちをうけるのか。たしかに失敗もあったかもしれませんが、それは私個人の問題というよりも組織の構造上の問題によるものが大きいと思っています。

何かの宗教ではないけれど、それに近いものがなければ出来なかったと思います。何かの価値観に殉ずる。自らを犠牲にしてもそれに賭けてみる。そういう心境でした。賭けた結果はお伝えしたとおりの無残な結果でした。

たしかに私は状況を楽観し過ぎたきらいはあります。状況が変わるか、誰かが助けてくれるかするだろうと思っていた。結局状況は好転せず助け舟もなく沈没しましたが(苦笑)。つくづく自分に合っていない環境でした。

何度も書いていますとおり、失敗の経験を超克しないと次には進めないと思っていますので、次では必ず成功させたい。それはプレッシャーでもあるけれど、楽しみでもある。プレッシャーを楽しみながら、どうにか今度こそ乗り切って、自分がいまここにいる意味を確認したい。そんなことを考えています。 


まだまだ寒い・・ [日々つれづれ]

立春を過ぎて2月も下旬ですが、冬型の気圧配置が強まって関東地方も寒いです。昨日の強風と荒れた天候から一夜明けて今朝は天気はよいですが、外気温がかなり下がっているようで、ガラス窓の内側が結露しています。

仕事はあれこれかなり綱渡り的な感じで・・それでもきちんと着地できれば良いんですけどね。思い起こせば一昨年、2015年の今頃も綱渡りでした。3月末で期限を切られた大仕事が控えており、準備もままならない中、休日出勤していましたっけ。(そのころの記事はこちら http://azumino-kaku.blog.so-net.ne.jp/2015-03-01 )あのときもたしかにきつかった。心身ともにぎりぎりでした。2015年3月の記事を読むと、ほんとうに追い詰められています。よくもまあ生き延びたものです(笑)。
あのころのことを思えばまだなんとかなるかな。

調子いまひとつ [日々つれづれ]

週末なのでとりあえず走りに出ましたが、調子がいまひとつで、ルーチンの1.5時間走だけして帰ってきました。
さて、春先から秋口にかけてのレース参戦計画をどうしようかな。思案中です。

au one net ホームぺージ公開代理サービス提供終了 [日々つれづれ]

先週後半、暖かい日が続いたと思ったら週末はこの時季らしい寒さに逆戻りしています。

KDDIからau one net ホームぺージ公開代理サービス提供終了のお知らせが届きました。私も利用しています。Jimdoという新しいサービスに移行するか、有償版の他社サービスを探してそちらに移行するか。いずれにしても移さないといけません。利用者の減少によるとのことですが、供給側の都合でどんどん変えられても困る・・というのが正直なところです。携帯電話などの新しいデバイスやSNSなどのサービスに対応した仕組みなのかもしれないですが、それはそれ、これはこれだと思うんですよね。
Jimdoは無料のようですが、FTPは使えないし、HTMLファイルをそのまま移せず、一から作り直しになるようです。コンテンツの作り直しには膨大な手間(コスト)が必要です。作り直しの手間は利用者側の負担。なんだか腑に落ちないなぁ。
さて、どうしますかね。

そこまでやる?(2) [日々つれづれ]

「そこまでやる?」と周囲から言われるほどの強烈な経験を通して得た教訓は、ホワイトカラーたるもの日々、新しい付加価値を生み出していかないと生き残れない、ということでした。
今もそのために日々微力ながら進んでいるつもりですが、実は後退しているだけだったりして(笑)。たまには落ち着いて振り返りをしたほうがいいかもですね。