So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

実践ビジネス英語 [外国語学習]

  実践ビジネス英語 https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/business2/ を再び聴くことにしました。テキストはキリのいいところで3月号から購入。しかし放送は今週から聴き始めました。自宅で放送時間に構えていて聴くというのは難しいのでICラジオレコーダー(ソニー ICZ-R50  http://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICZ-R50/spec.html)で録音。そのままその機器で聴くというよりは、ウオークマンにドラッグアンドドロップで転送して、通勤電車で聴きます。
 
  ICラジオレコーダーは、忘れもしません。東日本大震災の年に購入したので2011年に購入。たしか震災の当日3月11日に自宅宛にソニーストアから配送されてきたのでした。
  5年の延長保証も切れてしまいましたが、さほどヘビーには使っていませんでしたのでなんとか使えています。 震災の後、計画停電とか節電とかいうときに家族が居間に集まって、この買ったばかりのラジオでニュースを聴くということがしばらく続きました。そんな思い出の品です。
 話を英語に戻しますと、この「実践ビジネス英語」では、放送を聞く前にビニュエット(本文)を読まないでと注意書きがあって、私はそれを無視して事前に予習してから聞いたりもしていました。いきなり聴いても理解不能だったからです。いつごろのことか思い出せないけど(おそらく15年以上前)、それだけ背のびして聴いていたということでもあります。
 今は2月号のテキストが手元にないので、ビニュエット(本文)を読みたくても読みようがない。いきなり聴くしかないのですが、まあ、そこそこ理解できているかな(笑)。
 
 こういうのは何か効果測定(試験を受けるとか)しないと正確にはわからないかもですが、15年前のように何を言ってるかちんぷんかんぷんということは幸いなくなりました。
 
 写真はソニー・ウオークマンFシリーズでこの番組の録音(MP3ファイル)を聴いているところ。ウオークマンFシリーズはOSがアンドロイドなのでスクリーンショットが取れます。
Eigo.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

まずは計画を立てないとね [日々つれづれ]

 仕事でもうかれこれ2か月くらい仕掛中のものがようやくめどが立ってきました。
 
 資格関係の学習も滞ること半年、そろそろ再開しないといけません。まずは計画を立てるところから。計画倒れと言われようと、なんだろうと、まずは計画を立てないとね(笑) 秋季に仕事(IT)関係の資格を受験したいと思っています。


nice!(8)  コメント(0) 

Jimdoを使って昔の旅の記録を整理・7年前 相澤病院にあった小平選手への寄せ書きなど [信州の景色]

 Jimdo(ジンドゥー)とは、WYSIWYG Webホスティングサービス。(Wikipediaより)。私の場合は、Dion(KDDI)の個人向けホームページ公開サービス廃止に伴って、昨年しぶしぶ使い始めたものの、使い方がよくわからず放置。
最近ようやく少しずつ使い始めたところです(ブログ機能のみ)。

 今回は7年前の11月に帰郷して、入院している知人の見舞いやら墓参やら氏神様へのお参りやらの風景をJimdoのブログにつづってみました。

 記事を書こうと思ったきっかけは、昨日のニュースでスピードスケート小平選手のスポンサーである相澤病院が大きく取り上げられていたこと。そのとき、たまたまその病院に知人が入院していて、院内に小平選手に向けた応援の寄せ書きがあったのでした。あの写真どこにあったのかな・・・なんて探してみたらでてきたので記事にしてみました。


https://azumino-kaku.jimdo.com/2011/11/05/%E6%B7%B1%E5%BF%97%E7%A5%9E%E7%A4%BE-%E7%9B%B8%E6%BE%A4%E7%97%85%E9%99%A2-%E5%A2%93%E5%9C%B0-%E6%A2%93%E6%B0%B4%E8%8B%91/

nice!(8)  コメント(0) 

杓子山 [山・アウトドア]

 オリンピックで日本選手の活躍しそうな競技は見ない・・などとアマノジャクの発言を行なっておりましたが、スピードスケート女子500mの決勝の小平選手はダイジェストですが見ましたよ。茅野出身でスポンサー(というのかな)の(慈泉会)相澤病院は昔住んでいた町の隣町の大きな病院ですし、どこか親近感がわきますね。


さて、先々週末の2月10日土曜日。道志山塊西端の山、杓子山に登ってきました。Jimdoでまとめましたのでよろしかったらご一読・・というほどのことはないか。まだ山頂の写真しか載せてませんが、これから加筆する予定です。

https://azumino-kaku.jimdo.com/2018/02/10/%E6%9D%93%E5%AD%90%E5%B1%B1/

nice!(8)  コメント(0) 

Let's hit the slope at Tokyo suburb!!! [山・アウトドア]

 いまさらですが、2月1日、オリンピック開幕前のKBS(韓国)日本語放送の「玄界灘に立つ虹」のポッドキャストを聞いています。寒いから、靴下を二枚履いていけとか、スキーウエアを着ていけとか実践的なアドバイスが満載。私は前も書きましたが、木曜の放送が好きです。

 さて、2015年 1月 24日 の山歩きの記録に加筆しました。
https://azumino-kaku.jimdo.com/2015/01/24/%E3%83%B6%E5%8E%9F-%E7%8E%8B%E3%83%B6%E9%A0%AD-%E9%9B%AA%E5%B1%B1%E6%AD%A9%E3%81%8D-%E4%B8%89%E5%9F%8E%E3%81%8B%E3%82%89/

 追伸:ついでといってはアレですが、今年も駐車場で滑りました(笑)。動画アップしました。
これをスキーと呼ぶのはどうかと思うのですが、ターンの真似くらいはできていると勝手に思っております(笑)。東京都心で雪が降ると、日比谷公園あたりでクロカンやテレマークなどの板で滑っている人がニュースに出ます。
 他方都内の空き地で雪でスロープを作ってターンをしている人はあまり居ないでしょう(そんなあほなことをしようとする奴はおそらく自分くらいということなのかもしれませんね・・・苦笑)実際楽しいかというと微妙(苦笑)

 いずれにしても、降雪から一週間経って、この残雪です。いかに今年が寒いかということですかね。さらにその翌週も雪が残っていたので、そこで滑った動画もどこかにあります・・整理したらご紹介しますね 笑。


nice!(11)  コメント(1) 

オリンピック 男子アルペン 複合 [山・アウトドア]

「寒さや雪の話題に飽き飽きしてきたので」 (毎日新聞 2018年2月16日 朝刊【東京本社発行】13版 15面、千種ゆりこ お天気みちくさ)とは申しますが、そうは言っても寒いですよねぇ。 

で、オリンピック観戦。日本選手の活躍はトップニュースで見るくらいにして、録画してしっかり見るのはアルペンスキー競技。
朝食を摂りながら、男子の複合の前半、滑降を見ています。

ol_alpine59.JPG


nice!(11)  コメント(0) 

JUJUのCDの広告看板 [日々つれづれ]

 暖かくなったと思ったらまた寒くなって・・東京地方の週間天気予報をみると晴れたり曇ったり短い周期で天気が変化すること、気温が低めに推移していることなどが読み取れるように思います。春一番が北陸かどこかで吹いたと聞いたような気がしますが、今朝の東京は冷え込んでおり、また日曜の最高気温は7度。ランニングするにしても、自転車に乗るにしても真冬の服装で臨む必要がありそうです。そんなわけで関東地方の春はまだ先のような印象です。

 さて、今月に入って雪のぱらつく朝、外堀通りを赤坂見附から虎ノ門方面に歩いていると、何か看板が見えます。新しいアルバム「I」の広告のようです。調べたら、NHKドラマ「この声をきみに」の主題歌「いいわけ」も入っています。
juju22.JPG

余談ですが、このドラマは麻生久美子さん見たさに毎回見てました(笑)。

ちなみにこの場所の看板の枠はレコード会社の間で共用される空間なんでしょうか。JUJUはソニー(ミュージックアソシエイテッドレコーズ)ですが、星野源(ビクター)のときもあったように記憶します。


nice!(11)  コメント(2) 

牛カツ専門店 京都勝牛 神田小川町 [日々つれづれ]

 昨日は昼休みは外に日差しを浴びに・・なんて書いておきながら、夕方にかけてデータセンターにこもっていた私です(苦笑)。
 データセンター、蛇足ながらご存じない方のために記しておきますと、サーバなどのIT機器を収納するラックの共用の置き場です。わが国では、商用電源は比較的安定供給されているので、震災時などを除いてはあまり停電を意識することはないかもしれないですが、サーバを貸しビル内の事務所内においていたりすると、ビルの法定点検で一日電源が使えないのでサーバを止めなければならないということは一般的なことのようです。 法定点検は通常週末など影響の少ない時期に実施するようですから比較的、業務への影響は少ないとはいえ、基本的に、業務用のサーバは、24x7(トゥエンティフォー・セブンなどと発音します。24時間、かつすべての曜日継続するという意味です。もしくは24x365などとも表現することもあります)、つまり24時間、365日停止しないという運用が基本かと思います。(保守のための停止を除きます。)

  そんなわけで、データセンターは、自家発電などで電源が安定供給されたり、共用なのでいろんな組織の人が出入りするわけですが、その人の出入りをきっちり管理したり、万一の火災などの発生時に効果的に消化するための設備を備えていたり、また建物自体が免震や耐震になっていて、地震に強い構造になっていたりと、サーバなどのIT機器を保管しておくには適切な場所といえます。私のような組織に属するシステム管理者は、自社(自組織)のIT資産を適切に運用するために、このような施設を利用するのが一般的です。無機質な空間ですし、サーバを置くには良い空間ですが、人間にとって快適な空間ではない(空調が効きすぎて寒すぎる、また機器の騒音もうるさいです。)ので、あまり行きたくはないのですが、現地に行かないとできない作業がでてくると、しぶしぶ行くことになります。 ということで、データセンターにはなるべくいきたくないので極力リモートで済ませるしくみに切り替えつつあるところです。

 さて今年の正月三日。小川町でミズノ、ビクトリア、ロンドンスポーツなどの用品店で各種スポーツ用品の買い物の後、歩いて丸の内まで行こうとして、箱根駅伝のゴールのことを忘れて、人ごみに突入してしまったことは前の記事でご紹介したとおりです。順路は、靖国通り(通りの両側はスポーツ用品店街、また神保町や駿河台下あたりは書店街でもあります)から、小川町交差点を右折し、本郷通り沿いに大手センタービル方面を目指そうとしていました。

で、大手町近辺で群集に遭遇する前、腹ごしらえでもということで立ち寄ったのがこちらのお店。お断りしておきますが(私の日常生活をご存知の方にはいわずもがなでしょうが)私は美食家ではないので、そういう記事は書く資格はございません(笑)。ランニングの途中で空腹のあまり駆け込んだコンビニで頂くあんまんの味が最高!などといっているくらいですので。

前置きはさておき、同行者が、牛のカツは珍しいから寄ってみようと。この日は北風の強い日で、日なたはまだよいとして日陰の冷えること。ダウンジャケットを着て出かけましたが、まあ冷えました。

お店の外観。
Katsu2.jpg



頂いたのはランチメニューなのかどうかわかりませんが、牛ロースカツ膳(130グラム)1382円なり。ご飯はおかわり自由です。
写真手前の黒いおわんのような器に入っているのはカレーのたれ、その左にはゆず胡椒と塩(だったかな)。ほかに普通の揚げ物用のソースもあります。
一通り、それぞれのソースで頂きました。カツの右端にそえられているのはおろしわさび(チューブ入りの安物とはすこし違う感じがしました。)。わさびだけを添えていただいてもおいしいです。ご飯もおかわりして、同行者とともに完食。ごちそうさまでした!

Katsugyu.jpg


nice!(7)  コメント(0) 

塩化カルシウム(融雪剤) [日々つれづれ]

 今朝も当地(東京多摩地区)は冷え込んでいます。氷点下でしょう。日中はおだやかに晴れるとのことなので、昼休みは外に日差しを浴びに行きたくなります。
 さて、これは融雪剤。おそらく4年前の大雪のときにホームセンターで買ったもの。未開封です。先日の杓子山登山の際には、下車した下吉田の駅から登山口の温泉のあたりまで、道路のいたるところにこの塩化カルシウムでしょうか、融雪剤が撒かれていました。都会の人はゲレンデに行った後にはクルマの下回りをよく洗うようにといいますが、ボディーやシャーシーなどにこの融雪剤が付着して錆びるからでしょう。
Enkaru.jpg

nice!(7)  コメント(0) 

アイゼンの手入れ(1) [DIY]

 東京はこの冬20日目の氷点下の朝だそうで。北日本の寒波と大雪も 北日本の雪がすさまじいですね。山形県大蔵村肘折ので4メートルを越える積雪量が観測されたとか。
 で、山形の肘折っていったいどこなんだろう? 東北の地理は明るくないので地図で見ると、肘折には温泉があります。肘折温泉のホームページhttp://hijiori.jp/access/# によると、東京からのアクセスは、山形新幹線で新庄。そこから肘折ゆきのバスで55分。同サイトには「新庄~肘折の山交(山形交通の略でしょう・・筆者注)バスは、2017年3月31日までの運行となります。4月1日からは大蔵村の村営バスが運行いたします。」
とあります。 縮尺の大きな地図で見ると、肘折は尾花沢と鶴岡の中間あたりの山間部に位置します。春・夏の山スキーで有名な月山も近いということで、豪雪地帯であろうということはなんとなく想像はできます。(想像に過ぎませんが)
================================
 さて、写真はアイゼン、アイゼンとは山靴の靴底につける鉄の爪のことで、凍った斜面を安全に歩くための道具です。鉄の爪ですので、雪、氷のないところでは外すのが基本です。真冬の高山(おおむね標高2000m以上)ならつけっぱなしでよいでしょうが、春の山を歩いていると、雪があったりなかったりで、つけたりはずしたりはけっこう面倒で、つけたまま岩の上などを歩いて、塗装が傷み、さらに山から帰って濡れた状態で放置しておいたために錆だらけになってしまいました。さびていてもアイゼンとして使えないことはないですが、道具が傷んでいる状態で使っているのは気分がよくないですね。 
シュラフでも、テントでも、何でも、山の道具は帰ってきたらすぐに手入れをしないと・・山行から戻ると疲労しているので、なかなか大変なんですけど。
 
 
 CRCのラストリムーバ(錆び取りクリーム)で錆を浮かせ、さらにヤスリなどかけて、鉄の地金を出します。そのまま放置するとまたすぐにさびますので、上から塗装しなければなりません。日曜に近所の金物店で鉄に使える黒色の水性ペイントを購入してきました。さて、うまいこと8本爪のアイゼンが復活しますでしょうか。
R1.jpg


r2.jpg

nice!(7)  コメント(3) 
前の10件 | -